かわいい!  S3 KONTROL Instruments/TRAKTOR Native-DJコントローラー
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る






クラブ標準の4チャンネルレイアウトに大型ジョグホイールを備え、「TRAKTOR PRO 3」を付属するとともに、無償DJアプリ「TRAKTOR DJ 2」にも対応する次世代のスタンダード機

【製品概要】

TRAKTOR KONTROL S3はデッキデザイン、4chミキサー、ピッチ専用のロングフェーダー、デュアルのデッキコントロールを搭載したクラブ標準の4チャンネルレイアウトに、高精度な大型ジョグホイール(14cm) を備えたDJコントローラーです。

光るジョグホイールリングは選択したデッキを視覚的に確認でき、16のRBGパッドはHotcue、ループ、サンプルをトリガーすることが可能です。業界標準のミキサーEQをモデリングした3バンドのEQ、各チャンネルにアサインしたつのエフェクトと3つのフィルターをワンタッチでコントールできるMixer FXなどを装備したフルサイズの4チャンネルミキサーのハードコントロールに加えて、優れた安定性と高音質を誇るTRAKTOR PRO 3を付属しています。TRAKTOR PRO 3はクラブ向けに最適化したインターフェイスで、業界内でもっとも正確で信頼できるループとビートジャンプ機能を使い、4デッキのミックスが可能です。

トラックを重ねたり、バックトゥーバックやマイクを接続してMCとプレイ。とっておきのトラックをフロアーが盛り上がった瞬間にドロップ。TRAKTOR KONTROL S3 には4デッキのDJプレイに必要なものがすべて揃っています。DJセットをさらに強化して、思うがままにプレイしましょう。

【製品特徴】

■FOUR DECK DJING
・2チャンネルでのDJと比べてデッキ数が2倍になることで、ビートのレイヤリング、サンプルのトリガー、とっておきのトラックを常にデッキCに置いておけるなど、ミックスの自由度がより広がります。アカペラをミックスしたり、ダブルドロップも、4デッキであれば可能になります。
■FOUR DECKS, AT YOUR FINGERTIPS
・TRAKTOR KONTROL S3の中心部には4チャンネルのミキサーがあり、各デッキにフルサイズのフェーダー、EQ、キュー、Mixer FXのコントロールを装備しています。各デッキにある8つのRGBパッドを使い、Hotcue、サンプル、ループをすばやく操作することができます。応用的なプレイをする時は、デッキを切り替えて、ジョグホイールのライトリングから切り替えたデッキのトラックの状況を即座に知ることができます。
■FROM SCRATCHES TO SPINBACKS
・ミックスを始めるとジョグホイールをたくさん操作することになります。ジョグホイールはタッチセンサーを搭載し、スムーズな操作性を実現。ナッジやストールだけでなく、スクラッチのトレーニングにも最適です。RGBライトリングで再生しているデッキの状況を一目で把握でき、トラックが終盤に差し掛かると警告が表示されます。
■RE-EDIT, REWORK, REINVENT
・サンプルのトリガー、ドラムパターンのループ、ボーカルのカット、自分の作品をミックスに取り入れることも可能です。トラックの一部をループしてパッドにアサインしたり、Hotcueを使えばトラックのあらゆる箇所に飛ばすことができます。TRAKTOR PROのビートシンクならグルーヴを失うことはありません。
■MIXER FXONE-TOUCH DANCEFLOOR TRIPS
・バスドラムをカットしてリバーブを加えたり、ディレイで音を飛ばしたりします。Mixer FXは各チャンネルに搭載されているワンタッチ式のエフェクトで、盛り上げを作ったり、サウンドの加工や派手な効果を付けることに長けています。8つのエフェクトと3つのフィルターから選択し、ミキサーの対応するスロットにアサインしておけば、すばやく操作することができます。

【製品仕様】

■Audio
・チャンネル:4 入力 / 2 出力
・サンプルレート/ ビットレート:44/48kHz - 24bit

■メイン出力 (バランス - XLR)
・信号レベル:18.7 dBu
・THD+N:0.001%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーション L/R:<-107
・クロストーク:-106 dB
・ダイナミックレンジ:111 dB

■ブース出力 (バランス - TRS)
・信号レベル:18.7 dBu
・THD+N:0.009%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーション L/R:<-107
・クロストーク:-109 dB
・ダイナミックレンジ:111 dB

■メイン出力 (アンバランス - RCA)
・信号レベル:18.7 dBu
・THD+N:0.0009%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーション L/R:<-107 dB
・クロストーク:-109 dB
・ダイナミックレンジ:111 dB

■メイン出力 (アンバランス - RCA)
・信号レベル:+12.8 dBu
・THD+N:0.0009%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーション L/R:<-106 dB
・クロストーク:-105 dB
・ダイナミックレンジ:110 dB

■ヘッドフォン出力 @32 Ω (ステレオ・アンバランス - TRS) 12Vの電源ユニット
・信号Level:7.7 dBu
・THD+N:0.015%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーションL/R:-65 dB
・クロストーク:<-105
・ダイナミックレンジ:109 dB

■ヘッドフォン出力 @32 Ω (ステレオ・アンバランス - TRS) USB 駆動
・信号レベル:-16.5 dBu
・THD+N:0.001%
・周波数特性:+/- 0.1 dB
・チャンネルセパレーション L/R:64 dB
・クロストーク:<-81 dB
・ダイナミックレンジ:85 dB

■ライン入力(アンバランス - RCA)
・信号レベル:+13 dBu
・THD+N:0.002%
・周波数特性:+/- .1dB
・チャンネルセパレーション L/R:100 dB
・ダイナミックレンジ:105 dB

■マイク入力(バランス - XLR/TRS)
・信号レベル:-10 dBu
・THD+N:0.002%
・周波数特性:+/- 0.03 dB
・ダイナミックレンジ:97 dB。

サービス検索

かわいい! S3 KONTROL Instruments/TRAKTOR Native-DJコントローラー

メディア掲載記事
オーデリック 店舗・施設用照明 テクニカルライト ベースライト【XL 501 018P4A】XL501018P4A[新品]」を掲載
10月20日
セミナー・講演
その他 (業務用3セット) プラス 片面無移行塩ビデスクマット 【W型/1590mm×690mm】 下敷付き 167机適用 ds-1747032」を掲載
10月20日
情報メディアコロキウムⅠ・Ⅱ 「ビジネスへのIT活用の現状と職業選択に関する提言」 」を掲載
情報未来
パナソニック Panasonic XLX435FEWZ LA9 天井埋込型 40形 一体型LEDベースライト」を掲載
10月18日
経営研レポート
TRUSCO ネットパレット用カバー クリア TNPC1012C」を掲載
Japan Robot Week2016 中国ロボットツアーセミナー 「ロボットの最新技術動向と将来市場」 」を掲載
10月14日
セミナー・講演
ケンスタイル 2点キット トヨタ エスティマ アエラス GSR50W/GSR55W/ACR50W/ACR55W 前期 2006年01月~2008年12月」を掲載
10月14日
メディア掲載記事
TRUSCO トラスコ中山 ステンレス平織金網 線径Φ0.57Xメッシュ8X10m巻 [SH-057008-10] SH05700810 販売単位:1 送料無料」を掲載
(ロボット発産業革命 -51-) 技術とインフラ すり合わせ -運用面などトータルプラン重要 」を掲載
10月6日
ニュースリリース
Cloth by Ermenegildo Zegna エルメネジルド ゼニア TORFEO トロフェオ チャコールグレー 霜降りネップが浮かぶ単色 世界最高峰の素材ラインからスリムフィット2つ釦シングルスーツ 日本製」を掲載
10月6日
イベント
テールライト 13-18 Dodge Ram 1500 SLT Roof Cab Lamp Chrome Fog Lights Tail Headlamps CCFL Rim 13-18 Dodge Ram 1500 SLTルーフキャブランプクロームフォグライトテールヘッドランプCCFLリム」 を掲載
10月4日
Energy Harvesting USA 2016 「Developing Energy Harvesting Technologies for IoT Applications」」 を掲載
9月30日
メディア掲載記事
パナソニック YK42580 街路灯グローブ 丸型」を掲載
セミナー・講演
パナソニック LGBZ2418 天井直付型 LED(昼光色~電球色) シーリングライト リモコン調光・リモコン調色・カチットF ~10畳 『LGBZ2418』」を掲載
次世代プリンテッドエレクトロニクスコンソーシアム 平成28年度 第2回研究会  「エネルギー・ハーベスティング技術の最新動向について」 」を掲載